予備校が医学部受験対策でできる最大のこと

医学部 受験 備校

医学部を受験する場合、早い段階から受験の準備をする必要があります。学習計画としては、高校1年、2年で医学部受験を決意した場合、1年であれば英語、数学と化学から学習を始め、2年の場合は英語、数学、生物または物理、化学の勉強を始めるのがよさそうです。早い段階から対策をするほど有利になります。基礎をしっかりと固め、学校の授業も軽視せず頑張れば内申点を確保でき、推薦入試も狙えるかもしれません。浪人生の場合は、浪人が決定した瞬間から試験に向けて勉強を始める必要があり、英語、数学にとりかかって学習レベルを維持させたら理科、社会の暗記系も反復して勉強できるように、逆算して計画を立て、学習を進めるといいようです。予備校では個々に合わせた学習スケジュールを管理してくれて受験に対する準備をサポートしてくれます。

医学部予備校と大手予備校の違いを検証

医学部受験にはコツを掴むことが大切なようです。予備校の現役講師や受験指導の人たちは、勉強法のコツ、段取りや手順を理解した、いわば医学部受験のスペシャリスト達です。高校生で自らの力で合格へのコツを見つけ出すのは大変なことなので、スペシャリストの知恵と経験を拝借し、悔いのない医学部受験をしたいですね。医学部を受験する際の予備校選びのポイントとして、医学部予備校なのか、大手予備校なのかという項目が関係してきます。高校卒業生の医学部予備校の学費は年間400万から600万円、大手予備校の学費は45万から84万円です。この学費の差は驚きです。両者の違いは、指導スタイルです。医学部予備校はほとんどの場合が個別指導や少人数指導で行われるのに対して、大手予備校は集団授業という指導スタイルです。

個別指導で合格への近道となるか、予備校選びの難しさ

個別指導で個々のレベルに合わせた指導をすることにより、合格率を上げているのが医学部予備校です。医学部受験は独特で、偏差値が同じレベルの大学でも、出題傾向が大きく違ってきますので、名医学部の傾向を把握して対策に専念している医学予備校の合格率が良いのも納得なのです。個々のレベルに応じて、そして目指している医大の出題傾向に沿った指導をするのが医学予備校です。そして普通の大学受験と違って、小論文や面接への対策も十分にしておく必要がありますので、予備校によってはその辺の指導もぬかりなく対応してくるのでやはり受験に特化した予備校選びで大学受験を乗り切る必要がありそうです。なるべく早い段階で医学部を目指す心を決め、受験に対するスケジュール管理をし、必要に応じて予備校を選ぶことが医学部合格への近道と言えるでしょう。